ワイル博士の「4-7-8」呼吸法で良質な睡眠を得る方法

アンドルー・ワイル医師の「4-7-8」呼吸法は、速やかに眠りにつき翌朝すっきりと目覚めるために広く用いられています。「4-7-8」呼吸法はプラナヤマというヨガの呼吸法に基づいており、呼吸を制御することに注力し、以下の3ステップを繰り返します:

ブレス・ボールにてこの呼吸法を体験できます。こちらで無料にてダウンロードいただけます:

  1. 口を閉じ、鼻から4秒かけて息を吸います。
  2. 7秒間息を止めます。
  3. 口から8秒かけて息を吐きます。
    • 舌の先端を上の前歯裏すぐの上あごに軽くつけたままにします。
    • 体の力を抜き、口からフーッと息を吐きます。

ワイル医師によると、重要なのは呼吸を止めている時で、呼吸を止めることで酸素を身体中に行き渡らせ、リラックス効果をもたらします。あごと肩の筋肉を緩めます。もし拳を握る癖があれば、手のひらを少し広げて手をリラックスさせます。

「4-7-8」の比率が重要

「4-7-8」呼吸法で重要なのは、各呼吸ステップで実際にかける秒数ではなく、4:7:8の比率です。ゆっくりでも早くでも構いません。自分で心地よいと感じるスピードで呼吸してください。ブレス・ボール・プロでは、呼吸リズムをコントロールする機能があるので、呼吸エクササイズ中のスピードを調節できます。ブレス・ボール・プロをまだお試しになったことがなければ、「プロ」画面で無料お試し期間をご利用されることをお勧めします。利用開始から48時間、プロ・バージョンの機能を無料でお試しいただけます。

呼吸法を実践中に心がさまよい始めるのに気づくでしょう。これは眠りに落ちる前に起こる自然な現象です。心がさまよい始めたのが自覚できたら、意識を呼吸法に向け、眠りにつくまで呼吸法を続けます。

 

他の呼吸エクササイズと同じく、慣れて良い結果が出始めるまでに多少の時間を要します。少なくとも、連続して5日間は継続してください。「4-7-8」呼吸法に慣れると、ものの数分で眠りにつけるようになります。

このチュートリアルはお役に立ちましたでしょうか。ぜひシェアしてください:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on email
Email

ブレス・ボールをまだ使ったことがなければ、この機会にぜひお試しください。こちらから無料でダウンロードできます: