呼吸エクササイズ

ブレス・ボールの各呼吸エクササイズの説明をご覧いただけます。

心コヒーレンス呼吸エクササイズは、5秒かけて息を吸い、5秒かけて息を吐くパターンで行います。リハビリでストレスと不安を解消するために広く用いられています。

呼吸パターン:5:0:5:0

ゆっくり呼吸法は、4秒間かけて息を吸い、6秒かけて息を吐くのを繰り返します。臨床現場で高血圧症の補完療法として用いられています。

呼吸パターン:4:0:6:0

この呼吸法はCOPDの症状を改善する呼吸法として、COPD Foundationによって推奨されています。肺機能を改善することから、喘息患者さんにも推奨されることがあります。

呼吸リズム:2:0:4:0から3:0:9:0
と、バリエーションがあります

アンドルー・ワイル博士の有名な「4-7-8」呼吸法では、4秒かけて息を吸い、7秒間息を止め、8秒かけてゆっくりと息を吐きます。落ち着かせ、早く眠りにつくためによく用いられます。

呼吸パターン:4:7:8:0

呼吸エクササイズでお困りですか?

呼吸エクササイズのゴールは、落ち着き、リラックスした状態になることです。呼吸エクササイズが上手くできない、何か違うと感じた時は、以下の章をご覧ください。
  1. ストレスの起因と対処方法
  2. 落ち着くための適切な呼吸方法

足りないものがありますか?

あなたのお気に入りの呼吸エクササイズが見つかりませんか?ぜひお知らせください

デフォルト設定にお好みのエクササイズがない場合、ブレス・ボールでは呼吸エクササイズをご自身で簡単に作成することができます。

作成方法はチュートリアルでご確認いただけます。

このチュートリアルはお役に立ちましたでしょうか。ぜひシェアしてください:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on email
Email

ブレス・ボールをまだ使ったことがなければ、この機会にぜひお試しください。こちらから無料でダウンロードできます: